アシナガバチの巣は業者に任せてスピード駆除~最新蜂退治術~

活動時期を知ろう

家

アシナガバチによる被害や相談件数が多い時期は初秋と言われています。夏が終わりかけた9月頃や気温が変わりゆく10月といった季節が最も多いですが、アシナガバチの活動は5月頃から始まっているのです。5月の中旬頃に巣を作り始め、9月までの間に巣も蜂も成長していくのです。その為、蜂の巣を駆除するのであれば蜂が成長する前に全て終わらせることが大切です。蜂の被害に遭ってからでは遅いのです。アシナガバチの数は100匹程度まで増えていきます。そうなる前に駆除した方が被害を食い止めることができるでしょう。

アシナガバチの巣は、基本的に高い位置よりも低い場所に作られることが多くあります。大人の目線ではなかなか気づきにくいことが多いでしょう。その為、子供が巣の存在に気づかずに近づいて刺されてしまうという被害も頻繁に発生しています。アシナガバチとは分からなくとも、蜂が家の周辺で飛び交っているという場合は蜂の巣が近くにあるということを意識しておいた方が良いでしょう。

アシナガバチの巣を見つけた時には、自分でどうにかしようとむやみやたらに近づくのは危険です。アシナガバチは何もしなければ攻撃をしてこないので、まずは業者に相談してみるのが良いでしょう。巣の大きさや蜂の活動状況によって危険度を診断してくれます。調査だけであれば無料で依頼することも出来るので、まずは問い合わせてみるのが賢い方法です。実際、自分で駆除しようとして逆に刺されて怪我をしてしまう人も多くいます。巣が結構な大きさまで成長しているのであれば、蜂も成長し終えている証拠です。専門業者に駆除してもらうのが良いでしょう。